皮脂が過剰分泌する原因について?

皮脂にはとても重要な役割があります。しかし、皮脂が肌において必要なものであるかたわら、時として悪い影響を与えてしまうこともありますので注意が必要になります。

 

皮脂の過剰分泌で起きる肌トラブルについて

 

その悪い影響を与えるのが「皮脂の過剰な分泌」になります。そもそも、皮脂には肌の保湿や外部からの刺激に対する防御や殺菌などの役目があります。しかし、皮脂が過剰分泌をすることにより、毛穴詰まりやニキビの悪化であったり、多くの肌トラブルを引き起こしてしまう場合もあります。

 

皮脂が過剰に分泌する原因について

 

皮脂が過剰に分泌される原因は主に「肌の乾燥」になります。本来肌には肌を守るためにバリア機能があるにもかかわらず、実はバリア機能は乾燥に弱く、肌が乾いた状態が継続することで、徐々に低下していくといわれています。

 

バリア機能が低下することで肌はとても無防備な状態となり、そんな肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌することで、バリア機能を補おうとすることで、皮脂を過剰に分泌してしまうのです。

 

皮脂の分泌が多い方は気にされているせいなのか、あぶらとり紙やタオルですぐに拭き取ってしまったり、洗顔をする際に、しっかりと皮脂を落としたいといった思いが強いせいでしょうか、どうしても力が入り、ゴシゴシと擦るように洗ってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

まずは肌を保湿させることから始めましょう

 

しかし、肌が乾燥して悪いコンディションの時に、いくら頑張って皮脂を取り除こうとしても結局のところベタつく状態になってしまうだけなのです。そこで、乾燥肌などにより皮脂の分泌がが多くてお困りの方が手始めにやるべきことは肌への水分補給を優先して行うこと、つまり「保湿」をすることからはじめてください。

 

皮脂が過剰に分泌される方が初めに行う事は、まず乾燥対策で「肌の保湿」をすることになります。水分をしっかり肌に補給することです。そこで、余分な皮脂の分泌も抑えてコントロールするために必要なものが毎日のスキンケアをすることで、十分な保湿を保つことが可能になるのですね。

おすすめ