皮脂と肌トラブルの関係性についてについて

皮脂と肌のトラブルについては実際見た目で気付く肌トラブルはもちろん、肌トラブルがもたらされる原因には一体どのようなものがあるのでしょうか?

 

角栓について

 

角栓は毛穴において古い角質と皮脂が互いに影響し合ってできるものになります。固まりになった角栓は、その名の通り栓をするかのように、毛穴を詰まらせてしまいます。

 

しかも、毛穴に詰まった角栓には表面の肌よりも若干盛り上がることもあるので、見た目にも影響を与えます。

 

毛穴の詰まりについて

 

角栓に加えて、乾燥の影響を受けることで毛穴の詰まりは生じます。乾燥肌は毛穴の伸縮が悪くなることで、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

 

肌がべたつくからといって、皮脂を必要以上に取り除くと、毛穴に角質が取り残されてしまうことになり、毛穴詰まりの原因にもつながります。毛穴の詰まりはニキビや吹き出物を生じさせやすい環境になることから気を付ける必要があります。

 

ニキビについて

 

角栓はニキビの原因になるアクネ菌のエサともいえる存在で、毛穴が詰まることにより酸素に触れない状態でいると、毛穴の中でアクネ菌が角栓を栄養源として繁殖することで、皮脂を分解して脂肪酸を作ります。

 

またアクネ菌が分泌するボルフィリンといった物質が紫外線を受けることで、活性酸素を生み出し、悪化してしまうと、毛穴の内側で炎症がもたらされることによって、皮膚の細胞を破壊してしまう可能性があります。

 

毛穴まわりの組織が炎症を起こし、肌の下にある真皮層にまで被害が広がることで、炎症が治まったあとになってもでこぼこした痕が残るので注意が必要になります。

 

アクネ菌は常在菌の一つで完璧に排除することは困難とされていますが、酸素に接している状態では悪さはできません。洗顔などで毛穴に角栓が詰まらないように気をつけることで、大体のニキビは防ぐことができるのですね。

 

※大人ニキビは皮脂の少ない場所でも生じる可能性があり、このような場合はストレスなどの原因からも考えられます。

 

毛穴の開きについて

 

皮脂が毛穴に埋まっていると、毛穴が開いたままの状態になりやすく、古くなった皮脂は毛穴まわりの負担を大きくします。その負担により、毛穴が広がることもありますので、皮脂は溜まらないように洗顔などの手入が必要です。

 

毛穴の黒ずみについて

 

毛穴に詰まった角栓が空気に接触して酸化すると、黒く変色してしまうのですが、特に鼻周辺に見られることが多いです。

 

また、鼻のまわりにできますと黒く見えてしまう毛穴がイチゴのつぶつぶにして見えることからイチゴ鼻といった呼ばれ方をしています。お手入れのつもりで強引に角栓を取ろうとした場合、逆に毛穴や肌を痛めてしまう危険性がありますのでご注意ください。

 

毛穴のシミについて

 

角栓の詰まりが慢性化することにより、角栓が過酸化脂質に変化してしまうのです。そこで、活性酸素が発生することによって、その刺激から肌の保護をするために、メラニン色素の生成が活発になり、色素沈着するわけです。

 

くすみについて

 

過剰な皮脂は肌で酸化し、肌のターンオーバー(細胞の新陳代謝)を遅れるかもしれません。古い角質がはがれずに長く肌にとどまっていると、肌を守ろうとすることで、角質層が厚くなり、肌の透明感や明るさを打ち消してしまいます。毛穴の黒ずみについても見た目の印象でも肌のトーンが下がり、肌がくすんで見えるように感じるでしょう。

 

テカリについて

 

皮脂が多く分泌されることにより、肌に馴染まないと、肌のテカリが目立つようになります。ベタツキも感じることで、体感的にも見た目にも不快感だけが残ります。

 

お手入れには、油取り紙で余分な皮脂をふき取ったり、クレンジングで洗い落とすことになります。しかし、その皮脂はなぜ多く出ているかに注目して考えると、体質的に皮脂が出やすい方にはこのお手入れで問題ないのですが、肌が乾燥していることで多く皮脂が分泌されている場合も考えられますので、十分な要注意が必要になります。

 

老化について

 

皮脂は皮脂膜をつくり出し肌を守るために必要なものですが、古くなった皮脂が四六時中毛穴に留まっていると、空気に触れて酸化することで、皮膚に悪影響をもたらします。毛穴まわりを中心にダメージを受けることで、年齢に伴う肌の老化を進行させてしまうので、そうならないためにも程よいクレンジングは必要になります。

 

【ライース クリアセラムNo.6 トライアル】

おすすめ